「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

みなさんこんにちは。学芸大学整骨院です。今回は「テニス」で起こりやすい怪我についてお話させていただきます。

 

テニスをしていて痛めやすい部分はどこかみなさんご存知でしょうか?常にコート内を走っていて、身体を捻ってボールを打つため、背中や腰に負担を溜めやすく痛みを生じやすいです。ただ、この痛みはどのスポーツでも見られやすいです。テニスをしている方特有で、ある部分を痛めることがあります。それは手首と肘です。テニスをしている方で最も多いのは手首の怪我です。怪我と言ってもぶつけたりして痛めたものではありません。テニスでラケットを振る際に手首を使うことでスピン(回転)をかけることが出来ます。スピンをかけることで相手が打ち返しづらいボールを打つことが出来ます。そのためスピンを多くの方が使うのですが、スピンを使いすぎると腱が手首の骨にこすれて腱鞘炎になってしまうことがあります。この腱鞘炎が最も多い手首の怪我になります。次に肘の怪我についてですが、テニスでは「バックハンドストローク」という独特な打ち方があります。バックハンドストロークでは腕の外側の筋肉を使って打ちます。この腕の筋肉は肘にくっ付いており、使いすぎると肘が引っ張られ続け、その部分に炎症が起こってしまいます。炎症が起こるとテニス中だけでなく、荷物を持ち上げようとした時に痛める等、日常生活に支障をきたしてしまいます。過度な練習をし続けたり、普段から十分なメンテナンスが出来ていないと、身体を痛めやすいです。まずはご自身の身体を第一に考えて、万全な状態でテニスに励めるようにしていきましょう。

 

学芸大学整骨院では、筋肉と背骨の歪みを整える施術を行っております。背骨を整えてあげることで身体への負担を軽減させていくことができます。身体でお困り・お悩みの方は是非ご相談ください。

 

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP