「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

みなさんこんにちは。外は相変わらずジメジメしていますね。この時期は体調を崩しやすいので、しっかり身体のバランスを整えて無理なく過ごせるようにしていきましょう。

 

今回は、「揉み返し」と「好転反応」についてお話させていただきます。みなさんはご家族にマッサージを頼んだりすることはありませんか?その翌日や二日後に、マッサージを受けた部分にだるさや痛みが出てくることはありませんか?力任せにマッサージをしたり、無理矢理筋肉を刺激してしてしまうと、そのような「揉み返し」が出てくることがあります。「揉み返し」とは、筋肉の繊維が傷つけられてしまい、その部分が緊張して血行が悪くなった状態です。痛みやコリ感を感じて、約1週間続くものが多いです。整骨院やマッサージ屋さんで施術を受けられた後に、同じような痛みやだるさが出てくることがあります。施術の内容や本人の症状にもよりますが、その痛みやだるさは「好転反応」と言って、筋肉が回復して血行が良くなりすぎた際に起こる反応です。この「好転反応」は約2,3日でおさまるものが多いです。「揉み返し」と「好転反応」の大きな違いは、その痛みやだるさが続く期間です。「揉み返し」は約1週間、「好転反応」は約2,3日です。ぜひ参考にしてみてください。

 

「好転反応」は良くなっている証拠でもありますが、実際起こってみるとその痛みやだるさで不安な気持ちになるかと思います。もし「揉み返し」や「好転反応」でお悩みの方がいらしたら一度相談にいらしてみてください。

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP