「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

強い日差しに切り取られる影も色濃く、アスファルトには地鏡が写す夏空を見るような今日この頃ですね。暑さの続く今日この頃ですが、皆様の体調はお変わりないでしょうか。

 

さて、今回は、お尻の筋肉の緊張が及ぼす、神経への影響についてお話させていただきます。皆さんの中に脚の痺れが気になる方はいらっしゃいますか。この痺れは、神経が圧迫されたり、損傷したりすることで起こります。大きな外力が加わった場合は神経が損傷する場合もありますが、そういった事に特に思い当たることが無い場合は、神経が背骨や筋肉に圧迫されていることが多いです。特に、脚に向かって伸びていく筋肉で圧迫されやすいのがお尻の筋肉です。特に、梨状筋という筋肉の緊張が強くなると、筋肉自体の太さが増すことで、その下を通っている坐骨神経という神経が圧迫される、脚の痺れが強く出てきます。

 

当院の施術では、お尻の筋肉もしっかりとアプローチをかけていきます。痺れが出ている人にアプローチをかけると、神経に圧が加わるので、痺れ感を一瞬強く感じるという方が多いですが、その後、痺れ感が楽になると言っていただいています。脚の痺れにお悩みの方がいらっしゃいましたら、是非一度当院にお越しください。

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP