「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

皆さんこんにちは!外は寒くて体が固まってしまう感覚や筋肉が縮こまる感じがすると思います。筋肉が縮こまり動きが鈍くなると徐々に血液の循環も悪くなりがちです。血液の循環が悪いとなかなか疲れが取れづらくなってしまいます。痛みだけでなく、むくみや頭の痛みの原因でもあります。その血液の流れを良くしてお体も温めてくれる方法を今回はお話させていただきますね!

 

寒いと体は熱を溜め込むために普段開いている毛穴を引き締めて外に熱が出ないようにしてくれています。この機能は体に熱を保持する代わりに負担が出やすいです。疲れだけでなく、力を入れた筋肉が緩まずに緊張したままになる事もあります。運動後に体から湯気が出る姿を見たことがある方はいますか?それが毛穴から熱が普段は出ている証拠です。サウナに入った後に水風呂に入るのは、温まった体を一気に冷たい水で毛穴や筋肉を引き締めて暑さが体外に逃がさないようにしてくれます。逆に水風呂の後に温かいお風呂に入ると、引き締められていた血管が一気に活動し始めて血液の流れが良くなります。ダムの扉が開錠されて一気に水が流れ出すイメージです。一気に流れ出す事によってお体が奥から温まります。

 

一気に冷やしたり温めるということは心臓に負担をかけやすいので、心臓が弱い方は注意して行って下さい!もし自分で判断しづらい方は是非ご相談くださいね!

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP