「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

みなさんこんにちは。段々と気温差が出てきましたね。季節の変わり目はダルさが出やすいです。そんな時にはお風呂にゆっくり浸かるのが良いです。今回はそんなお風呂の良い効果についてお話していきますね。

 

ヘトヘトに疲れてお風呂に入ったら、体だけでなく心までスッキリ軽くなった経験はありませんか?それは体の中でリフレッシュ効果が起こっているからです。入浴による効果は大きく次の3つがあるといいます。1つ目は血液の流れが良くなることです。血のめぐりがよくなることで、酸素や栄養を含んだ新鮮な血液が全身をかけめぐり、血液中の老廃物や二酸化炭素が運び去られます。つまり、老廃物でいっぱいのドロドロ血液がサラサラに変わる体内変化が起きているのです。2つ目は静水圧の効果です。水圧で末端に滞っていた血液や体液が心臓に押し戻されるので、むくみの解消にも効果的です。3つ目は浮力です。水の中では浮力がかかり、体重が軽く感じられます。首までお湯に浸かった場合、お湯の中での体重は約10分の1まで減ります。そのため全身を支えていた関節や筋肉が重みから解放され、全身がゆったりとリラックスした状態になります。

 

しかし、この効果もお風呂に浸かってはじめて出るものなのでシャワーだけではあまり良い効果はでてきません。しっかりとお風呂に浸かって身体を癒してあげてくださいね。

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP