「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

みなさんはどこか体をつった経験はありますか?私は今までに足をつったり指をつったりした経験がありません。ですのでどのような感じの痛みが出るのか、どのようなタイミングでなるのかなどあまり分かりません。ですが筋肉がつってしまう原因は分かります。今回は筋肉がなぜつってしまうのか、どうすればいいのかの対処法をご紹介します。

 

まずなぜ筋肉がつってしまうのか。原因の一つ目は水分不足です。体の水分が不足すると筋肉の状態が悪くなります。例えるならば、鳥のささみをイメージしもらうと分かりやすいと思います。あの鳥のささみは水分が少ないので筋肉の繊維に沿って綺麗に裂けてしまいます。人の筋肉も同じように水分が抜けてしまうとささみのように簡単に裂けてしまうのです。この状態で負荷が筋肉にかかると負荷に耐えられなくなり筋肉はつってしまいます。水分が不足すると筋肉にも大きな影響を与えてしまうので、夏場だけでなく年中の水分補給が大事になります。

 

もう一つの原因は筋肉の冷えです。筋肉は熱を作る働きがあります。熱を作るために筋肉は伸び縮みを繰り返します。筋肉は冷えれば冷えるほど伸び縮みを細かく繰り返しますが、冷えすぎて筋肉の限度を超えてしまうと痙攣に変わってしまいます。この痙攣が起こると筋肉がつってしまっている状態になります。

 

私は普段から体が冷えるのが嫌いなので防寒をしっかりしているのと、定期的に水分を摂ることもしていますので筋肉もつらないのだと思います。そして最近はストレッチも欠かさず毎日行っております。ストレッチもたくさん行うと途中で挫折してしまいますので、一日二か所を目標にストレッチをしています^^

みなさんも防寒対策やストレッチをして筋肉を常に良い状態に保てるようにしていきましょう!!

 

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP