「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

こんにちは!寒い日が続き冬の季節がちかづいてきましたね。こういった時期は体調を崩しやすくなりますので身体を冷やさないようにしてくださいね。

本日は体重を支えてくれるふくらはぎの筋肉についてお話させていただきます。

ふくらはぎの筋肉はヒラメ筋と腓腹筋の2種類の筋肉に分けることができます。ヒラメ筋は深い側の筋肉になり体重を支えてくれます。腓腹筋は浅い筋肉になり瞬発力を発揮するときに使う筋肉です。

ご存知の方もいらっしゃると思いますがふくらはぎは全身に血液を送る役目があり第二の心臓と言われるくらいものすごく重要な筋肉です。そのふくらはぎの筋肉がむくんだり筋肉の緊張が大きくなってしまい血管の通り道を塞いでしまうと全身に血液が巡りずらくなり疲労の回復力が遅くなったりダルさや疲れを残してしまいます。

また、ふくらはぎの筋肉は抗重力筋といって重力に抗って体重を支えてくれる筋肉です。ですのでふくらはぎの筋肉は立っているだけでも負担は出ますし、姿勢が悪くなるとふくらはぎにかかる負担が2倍3倍と増えていき身体を支えられなくなります。

 

これから冬にかけて気温がぐっと下がり足元がかなり冷えて筋肉の緊張が大きくなるのでなるべく身体を冷やさないようにして、ふくらはぎの機能を最大限に生かしてあげてくださいね!!

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP