「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

みなさんは足をつってしまった経験はありませんか?一番多いのがふくらはぎがつってしまう事です。朝起きたときや、運動の後などシチュエーションはいろいろです。このふくらはぎがどういった働きをするのかご存知ですか??今回はこのふくらはぎについて紹介します。

 

このふくらはぎは「第二の心臓」と言われています。なぜふくらはぎなのに心臓なのか。心臓は体全体に血液を送るポンプの作用があります。このポンプがうまく働くことで身体全体に栄養と酸素が運ばれます。そして心臓をでた血液は体全体にいきわたるのですが、地球には重力が存在するので血液も下の方へ降りてしまいがちになります。下の方、いわゆる下半身へ行った血液というのは足の指先まで栄養や酸素を送るのですが、重力があるので下に降りた血液は上へあがりにくくなっています。

そこでこの下半身の血液を心臓へ戻してくれるのがふくらはぎの筋肉になります。このふくらはぎはポンプのような動きをすることで血液を心臓まで戻すのです。このポンプの動きが心臓と同じような働きをしていることからふくらはぎは「第二の心臓」と呼ばれるようになりました。ではこのふくらはぎの機能が低下してしまったらどうなるのでしょうか?

 

ふくらはぎの機能が低下してしまうと、心臓へ血液を送ることができません。そうするとふくらはぎにたまった血液は血管の外へ水として出されてしまいます。血管から出たこの水分は足の細胞内へ吸収されていきます。水分を含んだ細胞はどんどん膨張していきます。こうして膨れ上がった細胞が完成してしまい、これによって起こってくるのが足のむくみ、いわゆる「浮腫」になります。このむくみを放っておくと細胞は膨張した状態で固まってしまいます。そして固まってしまった細胞は元に戻ることはありません。さらにこのむくみが進行してしまうと足が象のように肥大するまでむくんでしまう場合もあります。

 

ふくらはぎは普段から使う筋肉になります。歩くときや走ったりするときはもちろん、立っているだけでも酷使される筋肉なのです。ストレッチもできず使ったままになっている方がほとんどだと思います。使いっぱなしになってしまうとむくみの原因になってしまいますし、血流が悪くなってしまうので「静脈瘤」になってしまう場合もあります。それを防ぐ為にもふくらはぎのケアはしっかりしていきましょう!!

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP