「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

みなさんこんにちは。7月に入って気温も上がり暑さもどんどん増しています。私は夏に窓を開けて虫の声を聞きながら寝るのが好きなのですが、もう扇風機やクーラーをつけないと暑くて寝むれないですね。実は寝ている間にも水分は失われているので、夜寝る前や朝起きた時など水分補給は忘れないようにしましょう。

 

今日はふくらはぎについてお話していきますね。疲れが取れない、イライラする、脚がむくむといった経験はありませんか?このような状態になってしまっているのは代謝が落ちているのかもしれません。そこでカギを握るのがふくらはぎになります。ふくらはぎは第二の心臓といわれていて、重力によって下半身にたまった血液を心臓に戻すポンプの働きをしています。そのふくらはぎの筋肉が緊張して血流が滞ると全身の血流が悪くなり、代謝が落ちてしまうのです。ふくらはぎの状態と健康状態は深く関係していて、ふくらはぎの状態が悪いと全身の機能が低下している可能性があります。予防としては、ストレッチやお風呂で温めたりするなどセルフケアも大切になります。

 

少しでも身体の痛みや疲労感を無くすためには痛みを溜め込んだり我慢したりせずに、施術に通われてみてください。また、学芸大学整骨院では背骨の歪みを整える整体を行っております。学芸大学整骨院でしっかりと診させていただきますので、興味がありましたらぜひお越しください。

 

 

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP