「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

みなさんこんにちは。雨が沢山降り、寒さに拍車がかかっておりますね。しっかりとメンテナンスして乗り越えていきましょう。

 

今回はむくみと冷えの関係についてお話していきますね。むくみには筋肉の働きが大きく関わっています。筋肉には収縮と弛緩を繰り返すことで、血液をポンプのように全身に送る役割があります。この役割がしっかり行われないと血流や老廃物が停滞してしまい、むくみへと繋がるのです。例えば足のむくみは、長時間座りっぱなしが続くことで足を動かすことが少なくなるためなのです。冷えも同様で、筋肉が冷えてしまうと筋肉が収縮と弛緩がしにくくなり、むくんでしまいます。むくみは血流の低下のサインです。血流が低下すると回復力が低下し、仕事などの疲れも取りきれないままに明日を迎えてしまい、仕事などにも影響が出てしまいます。足元をホッカイロやひざ掛けなどで温めることと、ストレッチやマッサージなどでむくみを解消していきましょう。

 

当院では、筋肉のバランスを整える施術と背骨の歪みを整える整体を行っております。背骨の歪みと筋肉のバランスを整えることで締め付けられていた血管が正常に戻り、血流が良くなり回復力も上がります。興味ありましたら是非お越しくださいね。

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP