「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

こんにちは!来年はサッカーの最高峰、W杯が開催されますね!今年も各地域で本戦への切符をかけて熱戦が繰り広げられていていますね。日本もハラハラする展開がありましたが無事W杯の切符を取ることができましたね!次の大会ではベスト16の壁を破ってほしいですね。

そんな全世界で大人気のスポーツであるサッカーですが、サッカーをしている思春期の年代の子供たちを悩ませているのがオスグット・シュラッター病というもので、よくオスグットと略されて言われています。オスグット・シュラッター病とはどういったものなのかお伝えしていきたいと思います。

まず、オスグットは膝のお皿の少し下あたりの骨に痛みが出る疾患です。なぜ痛みが出るのかというと、大腿四頭筋という太ももの前側の筋肉が膝の骨を引っ張てしまい痛みを産んでしまいます。特に思春期の男子に多く、骨の成長に筋肉が追い付かずに筋肉が伸ばされて骨を引っ張てしまったり、サッカーや陸上など走ることが多い競技をやっていると太ももの筋肉の柔軟性が硬くなり筋肉が骨を引っ張てしまいます。

予防・対策としては、筋肉が骨を引っ張てしまっているので原因である筋肉の緊張を緩めてあげることです。大腿四頭筋のストレッチや温めてあげることによって骨を引っ張る力も弱くなり痛みも軽くなります。

当院には、スポーツで身体を痛めた方が沢山ご利用になられています。原因となる筋肉への施術だけでなくストレッチのアドバイスもさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP