「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

みなさん普段からカイロは使いますか?そろそろ寒い日が続くようになりましたので使い始めている方も多いと思います。寒い日のカイロは必需品ですね^^

 

寒い日に体の痛みが出るとカイロで温めてなんとかしているという方もいると思います。温めると楽になったりしますね!痛みが出ている時は患部を冷やすよりも温めてあげた方がいいです。ですが、カイロに頼り過ぎてしまうのもよくないのです通常ならば筋肉が伸び縮みすることで熱を作り出し体を温めてくれるのですが、カイロにばかり頼ってしまうと筋肉が熱の作り方を忘れてしまいカイロが無くなった時に自然と熱を作ってくれなくなってしまいます。そうなると自己回復力が低下してしまい、体の痛みが中々取れない状態になってしまいます。カイロを使う際は常に貼り続けるという行為は避けた方がよいでしょう。ではカイロはどのように使うのが一番良いのでしょうか?一番良い使い方として、冷えてしまいがちな手先などに使ってあげるのが一番いいのです。手先や足先などの末端は筋肉の量が非常に少ないので熱が発生しにくい場所になります。腰や肩など大きな筋肉にカイロを使ってしまうと大きな筋肉で熱が発生しにくくなります。

 

段々と寒さが厳しくなってきていますのでカイロを使う機会が増えると思います。今年の冬は体にカイロを張るのを避けてみてください。筋肉が熱を作ってくれるようになるため、自分で体温調節できるようになります。自分で体温調節できる体を作っておくと免疫力がつくので病気にもかかりにくくなります。健康な身体を作るためにもこの冬はカイロに頼り過ぎないように頑張ってみましょう!!

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP