「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

みなさんこんにちは!段々とクーラーが無いと過ごしにくい日も増えてきましたね。クーラーがあるおかげで暑い夏も非常に過ごしやすくなりました。しかし、その一方でクーラーで冷えすぎてしまうことでお身体に影響を及ぼすこともわかってきました。その中でも有名な「クーラー病」をご紹介していきますね。

 

クーラー病は、いわゆる自律神経が乱れてしまった状態を言います。人は、気温が高くても低くても、体温を一定に保とうとします。この一連の調節を自律神経がしているのですが、急に暑いところから寒いところに行ったり、暑いところに行ったりすると自律神経が乱れてしまい調節が厳しくなります。すると、症状として眩暈、ふらつき、頭の痛み、腰の痛み、ダルさなどが出て来ます。この症状は慢性化してしまいます。酷い人はクーラーの利いた部屋に入っただけで気持ち悪くなったりしてしまいます。そうならないように予防としてお身体をクーラーで冷やし過ぎないようにひざ掛けをかけたりすることが大切です。また日頃から適度に運動をすることもとても効果的です。

 

当院では背骨の歪みを整える整体を行っており、歪んだお身体を整えますので血行も良くなり、自律神経も整いやすいです。興味がありましたら当院までご相談ください。

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP