「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

季節も変わり、涼しくなってきましたね!鈴虫も待ちきれず鳴き声を響かせ、秋を感じる今日この頃ですね!

 

さて、今回はストレッチの種類についてお話していければと思います。よく、ストレッチをしましょう!!というような話は聞きますが、ひとえにストレッチと言っても、色々な種類があることはご存知でしたか?伸ばす時間や方法によって、同じ筋肉を伸ばしても、効果が変わってくるのです。今回はストレッチの中でも、スタティックストレッチという種類のストレッチについてお話していきます。

 

柔軟体操というと、1.2.3.4!!という掛け声とともに、弾みをつけて伸ばすようなものが連想されて、普段のストレッチでもそのようにされてしまう方も多いのではないでしょうか?ですが、そういったストレッチは運動前に始めるストレッチには有効ですが、筋肉をリラックスさせるようなストレッチには向かないのです!日頃、筋肉が硬く緊張しているのをほぐしたり、運動後に行うストレッチで向いているのが、スタティックストレッチなのです!!

 

スタティックストレッチとは、筋肉を持続的にゆっくり伸ばしてあげるようなストレッチになります。筋肉の中には、筋肉が急に伸びすぎて肉離れなどのケガをしてしまわないように筋肉を緊張させて反射的に守る機能があるので、その機能が反応しないようにゆっくりのばしてあげる必要があります。弾みをつけるようなストレッチは、肉離れを防ぐ機能をなくさないようストレッチをすることはできますが、筋肉は緩み切らないのです。

 

方法ですが、形は普段のストレッチと同じでも構わないので、ゆっくりと筋肉を伸ばしていき、一番伸びきったところで10秒から15秒かけてのばしてあげます。このように伸ばすことで、筋肉の柔軟性を出しやすくなります。筋肉の緊張を取るには、リラックスしてゆっくり伸ばさないといけない。ということです!色々なストレッチを目的に応じて使い分けられると良いですね!皆さんも是非試してみてください!

 

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP