「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

こんにちは!今年も残りわずかとなりましたね。寒さが厳しさを増してきて着るものもいつの間にか厚くなってきました。みなさんも早めの内から寒さ対策をして風邪を引かないように気を付けましょうね!

 

みなさんはいつの間にか身体に力が入ってしまったりしている事はありませんか?リラックスしているつもりでもふとした瞬間に力が入ってしまっていることは誰しもあると思います。また、寝ている時に思いっきり歯を食いしばったり歯ぎしりをしていたりされる方もいらっしゃるかと思います。実は、自然と力が入ってしまうのは身体が過度のストレスに対してSOSのサインを出している証なのです。

人間には自律神経があり、身体に力を入れる交感神経と身体をリラックスさせてくれる副交感神経の2種類に分けられます。人間は交感神経4割、副交感神経6割のバランスが一番良い状態だと言われています。しかし疲れやイライラなどからくるストレスが溜まると交感神経が優位になってしまい自律神経のバランスが乱れてしまいます。交感神経が強くなってしまうと筋肉が常に力が入っているのが普通になってしまい筋肉が疲労してしまいます。そのせいで筋肉が緊張してしまったり筋肉を損傷してしまう恐れがあります。

もしもみなさんのなかでストレスなどを溜め込んでしまって自然に力が入り込んでしまう方は、一番の解決方法として泣くことが一番良いと言われています。泣くことによって脳内にエンドルフィンというホルモンが分泌され副交感神経優位にしてくれます。

もしも、ストレスなどを溜め込んでいる方がいらっしゃいましたら感動する映画などを見て人目を気にせず泣いてみるのも良いかもしれませんね。

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP