「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

こんにちは!当院をご利用になられている方々にお話を聞くと多くの方が自分でストレッチをしていると言われています。それでも痛みが出てしまったり怪我が出てしまうのはストレッチを正しいフォームで行えていなかったり、正しいフォームで行えていても筋肉がしっかり伸びていないからなんです。本日はストレッチの効果と正しいやり方をお伝えしていきたいと思います。

まず初めに、ストレッチをするとどんな効果があるのか。

・柔軟性があがり、怪我をしにくくなる

・血流の流れが良くなり、代謝が上がる

・運動のパフォーマンスが上がる

・副交感神経が働き睡眠の質が上がる

などなどストレッチには多くの効果があります。ただ、効果的なやり方で行わなければこれらの効果もあまり期待できません。

そこでストレッチするうえで気をつけるポイントをお伝えします。

  1. 時間をかけて行う
  2. 伸ばしきった状態で20~30秒かけて行います。短い時間で行うと筋肉が伸びきってくれず、効果が無くなってしまいます。
  3. 反動をつけないでゆっくりと行う

反動をつけて行うと伸ばしたい筋肉が緊張してしまい逆に伸びてくれません。呼吸を意識してゆっくり伸ばしましょう。

  1. 無理せず自分のいける所まで伸ばす
  2. 無理して伸ばそうとすると筋肉を痛めてしまいます。筋肉が程よく伸びている状態でやりましょう。
  3. 身体が温まった状態で行う
  4. 朝一など身体が少し冷えている状態で行うと筋肉がうまく伸びてくれずに怪我をする危険もあるので、お風呂上りなど温まっている状態で行うと筋肉も伸びやすく血流も良くなりやすいです。
  5. 継続すること
  6. やはり身体も長年の癖などがついてすぐには良い変化はおきづらいです。無理せず続けられるペースでやっていきましょう!

当院では、正しいストレッチのアドバイスもさせて頂いておりますのでご相談ください。

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP