「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

あけましておめでとうございます。今年は昨年と比べて暖冬と言われてはいますが、それでも冬は冷えます。身体が冷えてしまうと血行が悪くなる為に回復力が落ちてしまいます。しっかりと寒さ対策をしてこの冬を乗り越えていきましょうね。

 

さて今回は、筋トレと喫煙の関係についてお話していきますね。結果からお伝えすると、実は喫煙をしないほうが筋トレの効果は上がっていきます。喫煙をすると肺の機能が低下して酸素を取り込む力を弱めてしまいます。すると持久力と運動能力の低下に繋がります。また、ニコチン依存の状態ですと喫煙をしていないと神経の興奮がしなくなる為に、瞬発力と筋力が著しく低下します。そして筋トレに一番大切な超回復(筋トレ後1,2日間休息をとる間に筋肉量が増加すること)。この身体の働きがあるから筋肉が付いていきます。ですが、喫煙をしていると代謝も落ちるので超回復による筋肉の再生が低下します。そうするとせっかくやった筋トレの効果も半減してしまいます。

 

筋トレに関しては、喫煙は良い効果をもたらしません。筋量を上げることは身体の支持する部分を増やすことになるために非常に重要です。このような身体に関するアドバイスもさせていただいてますのでお気軽に来院してくださいね。

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP