「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

 

みなさんこんにちは。みなさんは痛みが出た時はどんなことをしますか?痛みの出た場所や痛みの程度とかでも変わると思います。今回は痛みが出た時の対応の一つとしてテーピングを提案させて頂きます。

 

 

 

テーピングを自分で巻いたことある人なら知っている人もいるかと思いますが、テーピングには種類があり使い分けてもらえます。テーピングの効果もいくつかあります。一つ目は可動域の制限です。テーピングを巻くことで、特定の動きに対する関節の可動域を制限することができます。ケガ後は特定の動きで痛みがあったり、不安定な状態でスポーツをプレイする事や日常生活を送る事があると思います。そのような場合にできるだけ痛みを出さないためにオススメです。二つ目は怪我の予防です。怪我をしていなくても、予防でテーピングを活用する場合があります。競技するスポーツによって、起こりやすい傷害は異なります。傷害が起こりやすい部位に対しテーピングを巻くことで、怪我のリスクを低くすることが可能です。三つ目は応急処置です。ケガをした直後に患部を固定したり、圧迫するためにテーピングを活用することもあります。テーピングを行うことで患部が動くのを極力少なくし、症状の悪化を防ぐことが目的です。四つ目は疲労の回復です。特定のテーピングには筋肉の伸縮を助け、痛みや疲労に対して回復力を高める効果が期待できるものもあります。動作で痛みがある急性の傷害ではなく、慢性の痛みに効果的です。

 

 

 

テーピングの効果についてお話させてもらいましたが、根本的な変化は少ないです。補助的存在として使えるといいです。その為、しっかり施術や背骨の歪みの整体を組合せられるといいです。

 

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP