「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

皆さんこんにちは!とてもいい天気ですね!こんな日は外に出ていい汗をかきたいですね!今回は「テーピング」についてお話をさせていただきます!皆さんはテーピングを巻いた経験はありますか?私は高校時代にラグビーをしていて、試合中は足首にテーピングをしていました。足首以外にも肩や指など、常にどこかを巻いていました。テーピングには感謝しかありません(笑)このように、テーピングはケガをした時に巻くようなイメージがあると思います。ですがテーピングにも様々な種類がありまして、ケガをした時でなく普段の日常生活から巻いておくことでお身体への負担を軽くすることが出来るテーピングもあります。今回はどのようなテーピングがどういった時に使うのかを紹介させていただきますね!

 

テーピングには大まかに二つに分けることが出来ます。それは「ホワイトテープ」と「キネシオテーピング(キネシオロジーテープ)」です。この二つの違いは、簡単に言うと伸びるか伸びないかです。伸びない非伸縮性のテーピングがホワイトテープです。ホワイトテープは伸びない為、関節をガチガチに固めることが可能です。ケガをした際などに痛みが出ないように動きを制限させることが出来ます。スポーツ選手の方々はこのテーピングをよく使っていますね。伸びる素材で出来ている伸縮性のテーピングがキネシオテーピングです。キネシオテーピングには筋肉を補助してくれるような働きがあり、痛みや違和感の軽減にもつなげることが出来ます。また、新陳代謝の向上や疲労回復にも効果があります。特にどこかが痛んだり腫れたりしていなくても、ちょっとだるいなという時、疲れがなかなか取れないなという時にオススメです^^

 

学芸大学整骨院では、筋肉に対する施術とは別でテーピングによる施術も行っております。興味ありましたら是非お越しください♪

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP