「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

みなさんこんにちは。みなさんは普段どんな運動をされますか?簡単にできる点や年齢関係なくできる運動としてトランポリンをされる人が多くいます。実はトランポリンも跳び方次第で痛めてしまうリスクがあります。

 

トランポリンはトランポリン上で跳ぶことにより体に上下の衝撃が加わる運動です。この他で上下に力が加わる運動といえば、縄跳びやジョギングなどがあります。いずれも着地面が固いため関節への負担が大きく、人によってはケガをしがちなのがポイントです。その為、トランポリンを使うにあたって、気を付けてもらいたい点が二つあります。一つ目が少しかがみ気味で上下運動をする事です。腰を反らせるなど、関節を反らせる(伸ばしきる)体勢で上下運動をすると、はずみで関節が逆に曲がる方向で衝撃を与えてしまいます。その結果、椎間板や筋肉を損傷する可能性があります。関節は反対側に曲がらないように少し曲げ気味でゆとりを持った体勢で行いましょう。二つ目が体幹の筋肉を引き締めて、姿勢を維持することです。体幹の筋肉がゆるんでいると姿勢が不安定になり、椎間板や筋肉へ誤った衝撃を与えてしまうことがあります。そのため、体幹の筋肉は引き締め姿勢がぐらぐらしないように気をつけましょう。そうすると運動効果も高まります。

 

もし痛みが出ても放置してしまうと跳ねる時だけでなく普段の私生活でも痛み始めるかもしれないです。その場合筋肉だけでなく靱帯まで痛めている可能性があります。安静にするだけでなくぜひご相談くださいね。

 

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP