「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

皆様こんにちは!2月に入り、寒さに一層磨きがかかってきましたね!インフルエンザ等の病気も猛威を奮っております。しっかり対策をし、2月を乗り越えましょうね!

さて、お話は変わりますが、このように寒さが続いているなか、皆様はどのように暖を取られておりますか?エアコンや、コタツ、ヒーターなど様々ありますが、一番手っ取り早いのはお風呂ですよね!あったかくて、気持ちよくて、身体もサッパリします!ですが、お風呂も寒い時に入る際には注意が必要です。その名称はヒートショック!ご存知でしょうか?今日はその注意点についてお話させて頂きます。

「ヒートショック」は冬場、寒い中で裸になると血管はびっくりして収縮します。そしてそのまま熱い湯に浸かる事で、急激に血圧が上昇します。ですが、身体がお湯に慣れてしまうと、血管が広がりまた、急激に血圧が下がるのです。こうして、心臓に負担がかかる事でおきるショックの事をヒートショックといいます。若い方よりも、高齢の方に起きやすいとされています。
対策としては、浴室と脱衣所を暖房で温め、お風呂の温度は高めに設定しない事です。熱めのお風呂!私は大好きなのですが、この話を聞いてからは、低めに設定しております!

楽しいお風呂ライフを過ごす為にも、対策をしっかり考慮した上で寒い冬場を乗り越えましょうね!

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP