「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

みなさんこんにちは。6月上旬ながら7月並みの高気温の中、この記事を書いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。まだまだコロナが予断を許さぬ現状において、感染防止とはいえこんな時期にマスクをつけた経験など当然無く、例年以上に暑さが身に応えております。そんなマスク着用における熱中症と、実は関連しているこむら返りについてのお話をしたいと思います。

 

そもそもこむら返りとは、ふくらはぎの筋肉が異常に収縮した状態を指しますが、こむら返りになるリスクと熱中症になるリスクは共通しているものがあります。マスクは保温保湿効果もあり、冬場から初春には花粉対策などにも重宝しますが、この効果が今の時期には熱中症リスクを上げることになっています。マスクで熱中症リスクが上がる理由は、①顔から首表面が覆われることで体温が上がりやすくなる ②口元に湿気が溜まり喉の渇きを感じにくくなる の2点と言われています。また、マスクを着用しての労作(作業)時の体温が少し上昇しやすくなる傾向もあります。労作時というのは、歩いたり走ったり、階段上ったり、体を動かしている時のことを指します。この夏は例年以上に熱中症やそれにまつわるこむら返りに気をつける必要がありますね。リスクを下げる対策として、①エアコンなど効果的に使い体を冷やす工夫を取り入れる ②水分と一緒に塩飴などで塩分を適度に摂る ③夏野菜や果物を意識して摂る がすぐ取れる対策になるかと思います。熱中症ももちろん怖いですが、水分や塩分不足になると強烈な痛みを伴うこむら返りが起きやすくなります。また、背骨の歪みによって片脚への負荷が増えている場合も、血行や疲労などからそちらの脚にはこむら返りの起こるリスクが上がります。ご自身で上手に対策をとり、夏やマスクと上手く付き合っていきましょう。

 

当院では様々な理由からこむら返りが出やすくなったなどの方も多く来られています。背骨の歪みに対しての整体施術も行っております。背骨の歪みから引き起こされるものはそのままにしておくと再発の可能性もありますので、瞬間的だからと我慢なさらず、お気軽にご相談くださいね。

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP