「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

みなさんこんにちは。10月に入り、気温も徐々に低くなってきて朝晩を中心に少し冷え込みますね。もう半袖では少し肌寒く、薄手の上着やロンティーなどが活躍しますね。この時期は季節の変わり目で体調を崩しやすくなりますので体調管理には気を付けましょう。

 

人体の筋肉は体重の約40%を占めていて、そのうちの約70%は下肢に集中しています。下半身の筋肉は歩く、走るといった日常の基本動作に関与するだけではなく、姿勢維持や歩行時のバランス調整や股関節、膝関節、足関節などを衝撃から守る役割も担っています。しかし、これらの筋肉が加齢や運動不足などにより筋力や筋肉量が減少してしまうと姿勢保持ができなくなったり、歩行や走るといった基本動作にも支障をきたすようになってしまうのです。歩く動作が満足にできないと日常生活を営むのが困難な状態になってしまいます。歩けることこそが健康寿命を延ばすのに大切になるのです。筋肉を良い状態に保つためには日頃から筋肉のメンテナンスをしてあげることが重要になります。

 

少しでも身体の痛みや疲労感を無くすためには痛みを溜め込んだり我慢したりせずに、施術に通われてみてください。また、学芸大学整骨院では背骨の歪みを整える整体を行っております。学芸大学整骨院でしっかりと下肢の筋肉にアプローチをかける施術も行っていますので興味がありましたらお試しください。

 

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP