「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

 

こんにちは。今年も残り少なくなりましたね。年末にかけてお仕事がお忙しくなられる方も多いかと思います。今年出た痛みは来年に残さないようにしっかりとお身体のメンテナンスをしてくださいね。

 

みなさんは首や腰の痛みやだるさが長年続いたり突如出てきたりすることはありませんか?特に何かキッカケがあるわけでもなく痛みやだるさが出るという事は、もしかしたらストレスが原因かもしれません。ストレスと言ってもイライラなどのストレスだけでなく、動かない時間が長いことも身体に非常に強いストレスが生まれてしまうのです。ストレスを過度に感じると、自律神経が乱れてしまいます。自律神経が乱れてしまうと身体が常に興奮状態になる交感神経が優位になってしまい、リラックスさせる副交感神経が弱くなってしまいます。交感神経が強くなってしまうと筋肉の緊張が取れなくなってしまい、常に筋肉を消耗してしまいます。特に自律神経が乱れると首や腰に痛みが出てしまいます。何故かというと、唯一頸椎と仙椎から副交感神経が出ているからなのです。交感神経は背骨のいたるところから出ているのですが副交感神経は頚椎と仙椎からしか出ないため、自律神経が乱れてしまい副交感神経が弱くなってしまうと首や腰の緊張が強くなり痛みやだるさを感じてしまうのです。自律神経が乱れた時はしっかりと休息を取って身体を休めたり、スポーツや趣味などのストレス発散方法を見つけてストレスを定期的に発散する必要があります。また、筋肉に対して刺激を加えて血液の循環を良くすることで自律神経の乱れが整います。

 

当院ではトリガーポイントと言って血液の循環が悪くなったところへの筋肉に対して、施術を行い血液の循環を良くしていきます。血液の循環が良くなることで自律神経の乱れが整い身体にだるさや痛みが出にくくなります。身体の痛みなどでお困りの方は、当院までご相談ください。

 

 

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP