「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

みなさんは体の痛みで悩んでいませんか?痛みが出ると何事においてもやる気が無くなってしまいますよね。今のように暑い時期ならなおさらです。痛みの対策としてどうしてあげればいいのでしょうか?そこでちょっとした予防方法をご紹介しますね!

 

【その1:お腹いっぱいになるまでご飯を食べない】

食事と体の痛みが関係ないと思っている方が多いのではないのでしょうか?でも実は食事と筋肉はとても関係が深いのですよ。

例えばお腹いっぱいにご飯を食べると腹圧が高くなり、腰やお腹周りの筋肉が緊張してしまいます。そして筋肉への血液の循環が悪くなることで血液が滞ってしまうと体の修復能力や、回復力が下がります。ですのでよく聞く「腹八分目」が一番良い目安になります。

 

【その2:生野菜を食べる】

生野菜には体の回復力を高めてくれる「酵素」がたくさん含まれています。この酵素は体温が高いと活性化します。風邪をひいた時に熱が出るのも同じで、体の体温を上げることで酵素を活性化させて体を回復させるためなんですね!

 

【その3:冷やさない】

体を冷やしてしまうと血流が悪くなります。そうなると体内の老廃物の排出が低下し回復力が下がります。そして体温が下がると先ほど言ったような酵素の働きも鈍くなります。

同時に筋肉を冷やしてしまうと筋肉が熱を発生させようとして絶えず収縮し続けます。その状態が長い時間続くと筋肉にかなりの負担をかけてしまいます。大袈裟にいえば常に筋トレをしている状態ですね。ですので体を冷やさないように心掛けるのも痛みの予防の一つなんですよ!

 

どうでしたか?今からでも実践できる方法を紹介させていただきました。もし体の痛みで悩んでいる、痛みの出る前に予防したいという方は心掛けてみてはいかがですか?体の痛みを予防しながら栄養もしっかり摂れる。まさに一石二鳥ですね!そして、なかなか痛みが取れなくて困っている場合は是非私たちに相談してくださいね。全力でサポートさせていただきます!!

 

 

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP