「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

見上げる空がどんどん高くなり、夏の暑さも空に吸い込まれていくような、残暑も遠のく今日この頃ですね!

 

季節も変わり涼しくなるタイミング。そんなこの時期、もっと寒くなっていく前に体温と免疫の関係についてお話していきたいと思います!皆さんは、人間の体温は何度くらいが理想かご存知でしょうか?正解は、36.5℃!!最近では、低体温の人が増えており、これを下回る人が多いのだそう。そもそも人間は体温などの体内機能を一定に維持しようとするものなのですが、それらがうまく働かないと体温が下がってきてしまうのです。

 

体温が1℃下がってしまうと、体の免疫に関わってくる白血球(血液の中の体を細菌などから守るもの)の働きが30パーセント減ってしまうと言われています。また、内臓系の働きも落ち、うまくウイルスや細菌をやっつけることが出来なくなってくるのです。その結果、風邪をひきやすくなります。また、低体温の場合はアレルギーやガンにもなりやすいのだそう。体温が下がると筋肉の動きも良くなくなり、コリなどの原因になってきます。身体の為には、体温が下がらないような工夫をしっかりしてあげることが必要です。

では、どのようなことをしてあげると良いのでしょうか?ポイントは筋肉をしっかり使ってあげること!冬の寒い日など、身体が震えてくることなどありますよね!あれは、筋肉を震わせることで体温をあげるためなのです。筋肉は身体の中でも体温を上げる重要な器官なので、筋肉量が減ってしまうと体温は下がりやすくなってきます。歩く距離を増やしたり、エスカレーターやエレベーターではなく階段を 利用したりと、文明に頼り過ぎず、自分の筋肉をつかってあげることでしっかりと筋肉量を維持してあげることが重要になってきます。また、お風呂にしっかりと浸かったり、運動をして汗をかくことで、身体が温まる感覚を脳に届けてあげることも体温を上げるためには大事になってきます。

 

冬に向かうこの時期、少し早めに体の中から免疫を高めてみてはいかがでしょうか?

 

 

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP