「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

みなさんこんにちは。段々と涼しい日が増えてきましたね。寒暖差は体調を崩しやすいのでしっかりメンテナンスしていきましょうね。

 

私たちの体はたった1〜2℃体温が変わるだけで、体調が大きく変化します。その境目となるのが「42℃」です。42℃以上の熱い湯に入ると、身体内で交感神経が優位になります。血圧は上がり、脈拍は早まり、筋肉は緊張します。一方、内臓の働きは弱まり、食欲は一時的に減退します。その為、寝る前に熱いお風呂に入ってしまうと、神経が高ぶり、寝つきが悪くなることあるので注意が必要です。もし熱めのお風呂にはいる場合は、朝がおすすめです。交感神経が優位になり、眠気モードから活動モードに切り替わります。朝から体の活動性が高まることで、1日の消費カロリーが高まり、効率の良い自然なダイエット効果も期待できます。一方、40〜41℃程度のぬるめの湯は、リラックス状態をもたらす副交感神経が優位になります。血圧は下がり、脈拍はゆっくり、内臓の働きが活性化して消化が促されます。就寝前やリラックスしたいときはぬるめのお風呂がいいです。入浴から30分〜1時間後に体温が下がるタイミングで心地よい眠気が訪れます。

 

このようにお身体の体温が、体調に深く影響します。お身体の良い状態を作るためにもたくさんお風呂に入っていきましょうね。

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP