「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

みなさんこんにちは。最近は寒暖差が激しい日があったりもしますがみなさん調子はいかがですか?冷え込む時期や季節の変わり目は筋肉も緊張しやすく、体調も崩しやすいのでお身体のケアをしっかりと行っていきましょう。

 

今回はインナーマッスルとアウターマッスルについてお話させていただきます。みなさんはインナーマッスルやアウターマッスルをご存知ですか?筋肉は筋肉の存在する場所や働きによって分けることが出来ます。インナーマッスルとは身体の深部側に存在し、身体・背骨を支えてくれる筋肉になります。アウターマッスルとは身体の表面側に存在し、身体・関節を動かしてくれる筋肉です。この二つは基本的にどこの部位にも存在します。例えばふくらはぎには、足首を動かして地面を蹴りだす際に強く働く腓腹筋というアウターマッスルと、つま先立ちやジャンプする際にバランスを崩さないよう支えてくれるヒラメ筋というインナーマッスルが存在します。このように、インナーマッスルとアウターマッスルがバランスよく働き合うことで、関節や一つの筋肉に負担がかかり過ぎないようになっています。このバランスがしっかりとれていないと、痛みを感じたり、疲れがでやすい身体になってしまいます。そこでしっかりと筋肉のバランスを取れるように、ストレッチを行ったり、普段の姿勢から気を付けていきましょう。

 

学芸大学整骨院では、簡単に出来るストレッチ等の紹介もさせていただいています。興味ありましたら是非お越しください。

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP