「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

 

今回は最近増えている偏平足と体の痛みについてお話していこうと思います。みなさん偏平足はご存知ですか?偏平足とはいわゆる「土踏まず」が無くなっている状態です。最近偏平足の方が増えていますので、「私偏平足なんです」という方も多いと思います。偏平足は良くないとよく聞きますよね?ではなぜ偏平足が良くないのでしょうか?

 

土踏まずは足の縦のアーチを作ってくれています。このアーチがジャンプの着地をする際や、走っている時の衝撃を吸収してくれます。これによって体を痛めないようにしてくれています。ですが土踏まずがないとその衝撃を吸収してくれないので膝や股関節にかなりの負担がかかってきます。ですので土踏まずがないと土踏まずがある人に比べて体を痛めやすいのです。そして土踏まずが無い事で将来起こってくるのが「尿漏れ」です。意外じゃないですか?土踏まずと尿漏れがどういった関係になるのか不思議に思っている人が多いと思います。まず土踏まずが無いと足関節に負担が掛かり、足関節の負担を庇おうとして次に悪くなるのが膝関節、そして膝関節の負担が股関節にかかってくると最終的に骨盤が歪んできます。骨盤には尿の排泄の際に重要になる「骨盤底筋」という筋肉があるのですが、骨盤が歪むとこの筋肉が働かなくなり尿漏れの原因になってしまいます。土踏まず一つで体の様々な部分に支障が出てきてしまうのです。では歪んでしまった骨盤を良くしていくにはどうすればいいのか?原因のもとになる偏平足自体は良くしていくことはできませんが、それによって負担の掛かる膝や股関節周りの筋肉、そして骨盤の歪みから起こってくる背骨の歪みを正しい位置に戻すことはできます。そうしたメンテナンスをすることで、けがをしにくい身体を作ることが出来ますし、将来的に尿漏れの予防にもなります!

 

偏平足で体の痛みにお困りの方、骨盤や背骨の歪みに悩んでいる方がいらっしゃったらぜひ私たちに相談してみてください。私たちがしっかりと体の状態を説明したうえで施術させていただきます!!一緒に怪我をしにくい、状態の良い体を作っていきましょう^^

 

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP