「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

 

みなさんこんにちは。いよいよ8月も前半に入り、より一層暑さが増していますね。気付けばもうすぐお盆休みです。みなさんご予定は決まっていますか?最近はまだまだじめじめしていて、体調の方も崩しやすくなりますので、お休みを楽しんで頂くために、しっかりとお身体のメンテナンスをしていきましょう。

 

みなさんお身体の健康と歯の健康には密接な関係があるのはご存知ですか?健康的な食生活を維持するためには、80歳になっても自分の歯を20本以上維持することが推奨されています。しかし、現状での80歳以上の平均本数は13.9本と大きく下回っています。日本人の平均寿命は延びてきていますが、歯の寿命をのばすことが課題となっているのです。日本では歯肉や骨が破壊されてしまって歯を失う人が多くなってきており、特に高齢者では比率が高くなります。さらに、近年様々な研究から歯と肥満との関係が深いことが分かってきたそうです。悪循環として噛む機能が低下してちゃんと噛まずにすぐ飲み込んでしまうと肥満になりやすくなります。食生活や運動不足など不健康な生活が歯の健康を損ない、お身体の調子自体も悪くなっていってしまうのです。このように歯の健康と身体の健康は深く関わっているのです。歯の健康を保つには栄養バランスのとれた食事、よく噛んで食べる、食後20分以内に歯を磨く、定期的に歯石を除去する、虫歯を放っておかないなどが大切になります。ご自身で出来ることもたくさんありますので、歯を健康に保ってお身体の状態も良くしていきましょう。

 

少しでも身体の痛みや疲労感を無くすためには痛みを溜め込んだり我慢したりせずに、施術に通われてみてください。また、学芸大学整骨院では背骨の歪みを整える整体を行っております。学芸大学整骨院でしっかりと施術させていただきますので、興味がありましたらぜひお越しください。

 

 

 

 

 

 

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP