「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

こんにちは!皆さんはこの夏、たくさん冷たい物を食べたり飲んだりされましたか?夏から秋に切り替わる季節の変わり目は冷たい物をたくさん口にされる機会が多いため、内臓の機能が低下し体調を崩される方が多くいらっしゃいます。内臓が弱い方は特に体調を崩してしまいやすいです。実は、内臓の機能を簡単に強くする方法があります。その方法とは、姿勢を良い状態で保つことと冷やさない事です。冷やさないようにするのは何となく理解される方も多いかと思いますが、姿勢を良くすることが内臓の機能を良くするのに効果があるのは疑問に思う方が多くいらっしゃるかと思います。なぜ、姿勢を良くすると内臓の機能が良くなるのか?

姿勢が悪くなると身体は丸くなってしまいます。身体が丸まってしまうと腹圧が下がる為臓器が下へ下へと押されてきます。そうする臓器の位置も正常な位置からずれるため血液の流れが悪くなったりしてダルさや疲れなどが溜まりやすくなってしまいます。また、臓器が下に落ちることで腸を圧迫してしまって便秘などの症状を出してしまいます。そこで、姿勢を良くして腹圧を高めることで臓器が正常な位置をキープできます。誰でもいつでも簡単にできることで内臓の機能を良くできますので皆さんも今日から実践してみてくださいね!!

また、暖かい飲み物や生姜などの身体を温める効果のある物を摂取することで内臓に負担が少なくなります。

当院でぽかぽか茶という生姜や高級高麗人参などの成分が含まれているお茶も作っております。身体を温めるだけで内臓の機能が良くなるだけでなく、自律神経の乱れなどにも効果がありますので冷え性などの人にも効果があります。9月限定でぽかぽか茶を半額で提供させていただいておりますので、気になる方がおりましたら一度お手に取ってみた下さい。

 

皆さんも季節の変わり目の体調管理には気を付けましょうね!!

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP