「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

 

こんにちは。寒さも厳しさを増し、気温も10℃を下回る日が増えてきましたね。体温が下がると免疫力が低下してしまい風邪を引きやすくなります。外出される際は、しっかりと防寒してくださいね。

 

みなさんは毎日、どれくらい水分を補給していますか?冬は寒いため、あまり喉が渇かず水分を口にする機会が少なくなると思います。そのため、冬は意外にも脱水症状を引き起こしてしまう危険性が潜んでいる季節でもあるのです。夏のように暑さが厳しいと体温を下げるために汗を大量にかきます。そうするとノドが渇き、体が水分を求めます。冬は寒いため、体温を下げる必要もないため汗をあまりかかなくなります。そのためノドはあまり渇かず体もあまり水分を求めません。ですが、暖房器具を使ったり厚着をしたりするため知らず知らずのうちに微量な汗を私たちはかいており、ノドの渇きは無くても体内から水分が失われているのです。暖房をかけて厚着をして寝る時や炬燵の中に長時間いるといつの間にか気持ち悪くなったり、めまいを引き起こすことがあります。また、水分不足は筋肉にも悪影響を及ぼします。水分が不足すると血液の循環が悪くなるため回復力が落ちてしまい、疲労が抜けづらくなります。さらに、血液の循環が悪くなると筋肉の緊張も強くなり、本来筋肉が持っている弾力性が失われてしまいます。筋肉の弾力性が失われると普段日常生活で行っている何気ない動作で痛みを生じてしまいます。みなさんもこの冬はこまめな水分補給を心掛けてくださいね。

 

当院では痛めたお身体に対しての施術を行っております。もしお身体に痛みが出た際は一度ご相談ください。

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP