「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

みなさんこんにちは。少しずつ気温が上がって春らしくなってきましたね。季節の変わり目は身体に負担がかかりやすいですし、体調も崩しやすくなりますので体調管理と身体のメンテナンスをしっかりしていきましょうね。

 

今回は「冷え」についてのお話です。暖かくはなってきても夜はまだ冷え込みます。身体が冷えると血管が収縮してしまって筋肉への血流量が減ります。血液の流れが悪くなって筋肉の温度が低くなると、筋肉が血液から酸素を取り込む量が少なくなって筋肉が酸欠となり緊張が強くなるのです。筋肉が緊張するということは、筋肉の柔軟性が低下するということなので、身体に負担を溜めやすかったり、怪我を起こしやすくなってしまいます。大切なのは身体のメンテナンスをしてあげることや湯船に浸かってお身体を温めてあげること、普段からストレッチをしてあげることなどセルフケアを行うことで身体の血流を良くしてあげることができ、筋肉の柔軟性を保っていくことができます。

 

学芸大学整骨院では筋肉と背骨の歪みを整える施術を行っております。背骨を整えてあげることでお身体への負担を軽減させていくことができます。お身体でお困りの方は是非お試しください。

 

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP