「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

木枯らしが吹き、肌に冷たい後を残していくような冬の気配を強く感じる今日この頃ですね!空気も乾燥してくるkpの時期は、風邪なども引きやすくなるので部屋の湿度などにもに気を付けてくださいね!

さて、今回は冷え性についてお話させていただければと思います。皆さんは冷えに悩まされてはいませんか?これから気温が下がっていくと、辛くなってきますよね!実は、冷えの対策に効果が出来たいできる簡単な方法があるのです。

そもそも冷えはなぜ起こるのでしょうか?諸説は色々ありますが、緊張したり、ストレスがかかるとスイッチが入る交感神経と、リラックスしている時に出る副交感神経の切り替えが上手くいかないことで起こるのではないかと言われています。ストレスなどでドキドキしている時に出ている交感神経は、生存本能に起因しているものなので、身体が一番守らなくてはいけない内臓や脳などの身体の中心に血液が集めてしまいます。その結果、うまくリラックスが出来ていない状態が続くと、手先や足先に血液が巡らず、冷えに繋がってしまうと言われています。そこで、大事なのがリラックスしている時に出る副交感神経を出やすくすること。

では、どうすれば簡単に副交感神経を出すことができるのでしょうか?簡単に出来るものとして代表的なのが深呼吸!少し期待はずれかもしれませんが、浅く早い呼吸をしながらソファーでリラックスしている自分を想像できるでしょうか??当たり前すぎて気にすることも少ないかもしれませんが、呼吸はすごく交感神経と副交感神経の作用を受けやすいです。改めてご自身の呼吸を見直してみましょう!

呼吸のリズムとしては、1.2.拍目は呼吸を止めて3.4拍目に大きくお腹を膨らませえて息を吸い込み、5.6拍目でゆっくり吐いていくのを繰り返すと効果的です!夜寝る前や、リラックスしたいタイミングで是非やってみてくださいね!

 

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP