「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

 

みなさんは体の痛みが出た際、どういうことをして対処していますか?冷やしたり温めたり、いろいろあると思います。今回は冷やすのが正しいのか、温めた方が正しいのか、その見極め方を紹介していきます。

 

では冷やした方がいい時はどのような状態なのでしょうか?急に体を捻ってしまった時や、ぶつけてしまった時は何もしていなくてもズキズキと痛みが出ます。さらに患部が熱を持ちます。このようなときは炎症を持っている時になりますので、冷やした方がいいでしょう。炎症があるときに患部を温めてしまうと炎症を促進してしまいます。ですのでその炎症を抑えるためにも冷やしてあげましょう。では逆に温めた方がいいのはどのようなときでしょう。何もしていない時は痛みが出ないが、動かす際に痛みが出る、そのような痛みの経験はないですか?このように動かすと痛みが出るような場合は筋肉の緊張が強くなってしまって動きが出ない状態になっています。ですので筋肉の動き自体を出してあげる必要があります。そこで筋肉を温めてあげることで通常よりも筋肉の伸びが良くなってくれます。酸素や栄養素が筋肉にいきわたってくれるからです。しかしたまに急に痛めても炎症が出ない場合もあります。この場合はどうしたらいいのでしょうか?常にズキズキと痛みが出ている場合は炎症が無くても冷やしてあげるのがいいでしょう。

 

ケガにはいろいろな種類が存在します。炎症が起こったり起こらなかったり、傷口があったりなかったり、色が変化したりしなかったり…このように様々な形態で痛みは出現します。これらのケガにも様々な対応を考え一番楽になる方法を常に考え続けなければいけません。一番良い方法というのを選択して早めに回復させられるよう目指していきましょう!

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP