「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

段々と暖かい日が続くようになりましたね。この時期特に水分補給はしっかりしていきましょうね!

 

今回は冷房と体の痛みについてお話ししようかなと思います。

この時期に欠かせなくなってくるのが冷房ですよね!私自身も暑がりなので外を歩いている途中に涼むためにコンビニに寄ってしまいます。暑い場所から一気に涼しい場所に入ると一瞬体が「ブルッ」と震える、こんな経験はないですか?この瞬間が好きな人もいるのかもしれませんね(笑)ですが実はこれが筋肉の痛みと大きく関わっていることを皆さんご存知でしょうか?

 

人の体は寒さを感じると体が冷えないように熱を作り出そうとします。どのように作るのかというと、体中の筋肉を本人の意思とは関係なく一気に収縮させるのです。寒い場所に行くと鳥肌が立つのもこの原理なんですよ^^筋肉が収縮すると酸素が消費されその産物として熱エネルギーが発生します。冬に顎がガクガクと震えるのは体が勝手に筋肉を収縮させることによって熱を作り体を冷やさないようにするためなんですよ。人間の体は暑さよりも寒さに敏感ですので少しでも体が冷えてくると筋肉が収縮する仕組みになっています。

 

この仕組みを夏に当てはめてみるとどうでしょうか?一日中冷房の効いた部屋で過ごしている人は筋肉が常に緊張した状態にあります。特にデスクワークをしながら社内で冷房がガンガンかかっていたら…首や肩に負担をかけながらさらに全身の筋肉が緊張した状態ですので、仕事中の体の負担というのは相当なものになります。

さらに体の回復を促してくれる物質に「酵素」というものがあります。この酵素は体温が高い環境で活性化しやすくなるのですが、冷房で体を冷やしてしまうとこの酵素の活動が急激に低下してしまいます。なおさら痛みの出やすい体になることが分かりますね。

 

このように冷房は皆さんが思っている以上に体に負担をかけてしまうのです。ですが、最近ニュースでも熱中症や熱射病で救急搬送されたり、脱水症状が原因で死者が出てしまったりする話を多く聞きます。冷房も使いようによっては命を守ってくれます。冷房を使う際は冷やしすぎず、適度な温度に設定して長時間かけないようにしましょう!

そして痛みで困っている場合は私たちに是非相談してくださいね!私たちが夏に負けないような体作りのお手伝いさせていただきます!この夏は痛みの出ない快適な日々を過ごせるようにしましょうね^^

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP