「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

みなさんこんにちは。9月に入り過ごしやすい日が続くようになりましたね。今の時期は寒暖差が強くなるのでお体の負担も強くなりますので今のうちにお体のメンテナンスを心掛けましょう。

 

今回は靭帯のお話です。みなさんも一度は耳にしたことがあるかと思いますが、「前十字靭帯」という靭帯をご存知でしょうか?この靭帯は膝にあるとても大きな靭帯で、膝が過度に前に出ないようにする為のストッパーの役割をしてくれています。この靭帯はバレーボールやバスケットボールなどの急激に止まったり、ジャンプしたりを繰り返す競技をされている方や、後からの強い衝突などで痛めたり、切れてしまったりします。この靭帯は一度切れてしまうと元に戻ることはなく、再腱術というオペをしないとスポーツをされている方であれば復帰は難しいとされています。さらにこの前十字靭帯を痛めた経験のある方は膝の痛みを訴える方も多くいらっしゃいます。当院にも膝の痛みに悩まれている方で過去に前十字靭帯を痛めている経験をお持ちの方も多くいらっしゃいます。このような方は痛めている膝と反対側へ重心が寄ることが多く、それにより膝の痛みを出してしまう原因になってしまいます。この膝への負担を抑えてあげる方法は、背骨の歪みを真っ直ぐにすることです。お体がどちらかに傾きやすいという方は背骨自体が歪みを持っておりそれが原因で膝の痛みを出してしまいます。

 

当院では背骨の歪みを取る整体の施術をしております。背骨の歪みを取ってあげればお体は真っ直ぐになり、膝には均等の圧がかかる事により痛みの出現を押さえることが出来ます。過去に前十字靭帯を痛められた経験がある方でもそうでない方でもお身体の柔軟性を出してあげることにより膝の痛みを少なくすることが出来るので、膝の痛みにお困りの方がいらっしゃいましたら私たちに相談してください。

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP