「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

みなさんこんにちは。12月に入りましたね。より一層寒くなってきたので体調管理をしっかりとしましょう。

 

みなさん前脛骨筋という筋肉がどこにあるかご存知ですか?前脛骨筋はすねの外側を走行している筋肉です。この筋肉は主に足のつま先を持ち上げたり、内に返す作用があります。つまり、前脛骨筋が弱体し、反対側のふくらはぎの筋肉の柔軟性もなくなってしまうとつま先を持ち上げることができなくなってしまうので、ふくらはぎの疲労が著しくなり歩行やランニングの際に疲れを感じやすくなってしまいます。また、前脛骨筋は足の裏のアーチの形成にも大きく関わっていて歩行時に足関節の外側に体重をかけようとすると前脛骨筋が強く収縮します。昔に足首の怪我をしたことがある方などはすねや足の裏などを痛めてしまう可能性があるのです。日頃から疲れを溜めないために前脛骨筋のトレーニングやストレッチをしてあげることが大切になります。

 

少しでも身体の痛みや疲労感を無くすためには痛みを溜め込んだり我慢したりせずに、施術に通われてみてください。また、当院では背骨の歪みを整える整体、筋肉にアプローチをかけて血流を良くしてあげる施術を行っています。筋肉にアプローチをかけてあげることで身体も変化しやすくなります。当院でしっかりと施術させていただきますので、興味がありましたらぜひお越しください。

 

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP