「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

みなさんこんにちは。もうあっという間に9月ですね。少し暑さも落ち着いてきたような気がしますが、夏の疲れがそろそろ出てきそうですね。今回は夏の終わりに増える体調不良についてお話させていただきます。

 

灼熱の屋外と冷房キンキンの屋内の行き来が多い夏。朝夕は涼しく昼は暑い秋。寒暖の差が大きいと自律神経の乱れを引き起こし、体調を崩しやすくなります。夏は冷たい物が食べたくなりますよね。冷たい物を食べると内臓が冷え、消化機能が落ちてしまいます。夜の寝苦しさも睡眠の質を落とします。このような夏の疲れが、8月後半から9月にかけて食欲不振や疲労感やだるさなど体調不良として表れてきます。残暑の体調不良を乗り越える対策をいくつかご紹介します。まず当たり前のことではありますが、バランスのいい食事をとりましょう。特に老廃物を排出して疲労回復を促してくれる豚肉や大豆など、ビタミンB1を含む食べ物を摂るようにしましょう。軽い運動やストレッチも効果的です。睡眠の質を上げることができますし、血流が良くなるので、胃腸の動きが活発になります。最後に、ぬるめのお湯にゆっくり浸かることも大切です。冷房で冷えた体をゆっくり暖め、自律神経を整えましょう。

 

日々の生活に体に優しいひと工夫を加え、今年の長引く残暑を乗り越えましょう。当院ではストレッチなどのアドバイスもさせていただいていますので、ご相談ください。

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP