「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

みなさんこんにちは。7月に入り気温も天気も安定しない日が続きますね。今の時期に起こりやすいのが夏バテですが、みなさんは大丈夫でしょうか?

 

夏バテの主な原因は3つあります。1つは【室内外の温度差による自律神経の乱れ】です。猛暑の屋外からエアコンで冷えた冷房のきいた室内に戻る時の急激な温度差は体力を著しく消耗し、夏バテの原因になります。さらに冷房のききすぎた部屋に長時間いるとそれがストレスとなり自律神経が乱れます。その自律神経の乱れから胃腸の不調や全身の倦怠感、食欲不振を起こし夏バテに繋がります。さらに【高温多湿による発汗の異常】も夏バテの原因になります。高温多湿の環境が続くと汗腺(汗の出口)が詰まり発汗が困難になります。それにより体温調節がうまくいかなくなります。また長時間直射日光の下にいると発汗が過剰になり身体の水分が不足気味になり夏バテを引き起こします。また【熱帯夜による睡眠不足】が夏バテを引き起こします。エアコンの室外機や都市部の住宅密集化などが原因で夜でも気温が下がりにくくなっている現代では、熱帯夜になり寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなって睡眠不足に陥ることがあります。睡眠不足によって日中の疲労を回復出来ず、疲れが溜まってしまい夏バテになってしまいます。予防としては、栄養価の高い食品を食べる、室内の過ごし方を工夫する、睡眠を十分にとるなどして夏バテ防止に努めましょう。

 

まだ気温も高くなっていませんが、これから梅雨が明けた時気温差で夏バテを引き起こす可能性があります。みなさんも夏バテには十分気を付けて良い夏を過ごせるようにしましょう。

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP