「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

皆さんこんにちは。ようやく梅雨も明け、8月に入りました。今までの涼しさとは打って変わって、連日猛暑がつづいています。熱中症への注意はもちろんですが、冷房との気温差で体調も崩しやすい時期になりますのでしっかり体調管理を徹底しましょう。

 

今回は、この時期に発症しやすい「夏風邪」と呼ばれるものについてお話していきます。まず夏風邪の特徴についてですが、普通の風邪の症状(喉の痛み・咳・鼻水・頭の痛み・発熱など)に加えて下痢やお腹の痛みなどの症状が合わせて起きるものを夏風邪と呼んでいます。夏かぜの症状の前兆として、のどの違和感、痛みがあり、そこから寒気・だるさ・発熱などが多いようです。夏風邪になる主な原因として、クーラーなどによる室内と外との気温差により自律神経に乱れが生じ体温調節ができなくなります。こうなると人間の身体はドンドン免疫力が下がり、風邪を引きやすくなるのです。普通風邪は汗を出して良くするといわれますが、夏風邪をひいた時は身体を温めて汗を出すのは脱水症状を起こすので決していいとは限りません。夏風邪の対策として水分補給は必須です。特にスポーツドリンクなど塩分を含むものが効果的です。予防としてはまず、手洗いうがいの徹底は外せません。それに加えてあげられるのが「目薬」です。夏風邪ウイルスは目からも感染することで知られています。あくまで表面を洗い流すことが目的なので、どんな目薬でも大丈夫ではありますが使い過ぎには気を付けましょう。

 

風邪の恐怖はどこにでも潜んでいます。しっかりと対策をとり夏風邪予防に努めましょう。また、身体の免疫力を保つために身体のメンテナンスをしておく事も大切です。疲れにくい身体作りのために、是非一度当院までお越しください。

 

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP