「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

皆さんこんにちは!当院に妊娠中の方や、産後の方も良くお見えになるのですが、腰が痛いと言われる方がほとんどです。今回はそのことについてお話していきますね。

 

だいたい妊娠中期くらいの方が多く、妊娠後期になるとけっこうな割合で腰の痛みがあるようです。妊娠によっておこる腰の痛みの大きな理由としてあげられるものはホルモンの分泌によるものがあります。赤ちゃんを産むための準備として靱帯を緩めて赤ちゃんが通りやすくするようにします。その働きにより関節の可動域が大きくなり、関節や筋肉が普段よりも負担のかかりやすい状態が続いてしまうのです。この働きは出産後もしばらくは続き、負担がかかる状態が続きます。その中でしばらくは育児をしていくことになるのですが、赤ちゃんを寝かしつける為に抱っこする姿勢も腰だけではなく、背中の筋肉への負担も増えてきます。妊娠から産後にかけ、腰の痛みに限らず身体への負担はけっこうなものになります。

 

そうならないためにも運動はとても大切です。ですが、気合をいれてトレーニングをしなければいけないと言う訳ではありません。散歩がてらお子さんと普段いかない所まで歩いたりすることによってしっかり靱帯や筋肉は強くなります。また、簡単なトレーニング方法など当院で紹介しておりますので興味がある方は是非ご相談くださいね。

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP