「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

 みなさんこんにちは。寒さも本格化してきましたね。身体の負担も自然と増えやすい季節になりますので痛みが出る前にしっかりとメンテナンスし痛みを予防しておきましょう。

 

 今回は姿勢を支える上で重要になるインナーマッスルについてお話していきます。インナーマッスルは深層にある筋肉のことを指し、表面から見てわかる筋肉ではありません。また体幹部分にある筋肉をインナーマッスルだと思う方も多いですが、実は体幹だけでなく身体の至るところに存在するのです。インナーマッスルの役割は様々で、姿勢を支えるのはもちろん左右の身体バランスも整えてくれます。またアウターマッスルを鍛えたい方は土台となるインナーマッスルがしっかりついていると表面の筋肉も付きやすくなります。更にはインナーマッスルがつくことで基礎代謝が上がりダイエットの効果も出やすくなったり、鍛えることで深層の筋肉の血流を良くし冷え性の対策にも繋がる等、多くのメリットが挙げられます。インナーマッスルのトレーニングは様々な物がありますが、どのトレーニングにも共通するポイントはあまり負荷をかけすぎない事と、疲れるまで行わない事です。また通常の筋トレのように間隔をあけてしまうと効果がなくなるためトレーニングの感覚は短めに設定して取り組む方が良いでしょう。

 

 正しい姿勢は痛み予防の第一歩です。インナーマッスルのセルフトレーニングはもちろん、当院でも姿勢を正しく保つ施術を行っております。身体の痛みや姿勢でお悩みの方は、ぜひ当院までご相談くださいね。

 

 

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP