「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

涼しい日が続くようになってきましたね。最近は10月とは思えない程寒い日も多いです。この時期は天候が安定しないため体調を崩したり、体の痛みが出やすかったりする時期になっています。特に多いのが曇りや雨の日の頭の痛みです。この時期の頭の痛みに悩まされる方は多いのではないのでしょうか??

 

ではなぜ季節の変わり目や天気の悪い日に頭の痛みが多く出るのでしょうか?天気が悪いと背骨の関節にかかる圧が変化します。この圧が変化することにより背骨が歪んでしまいます。この背骨の歪みが大きくなってしまうと背骨の間を通っている血管を締め付けてしまいます。特に首周りの背骨の歪みが大きくなってしまうと、頭に栄養を送る血管が締め付けられてしまい、頭に栄養がいかなくなって頭の痛みの原因になります。ですが背骨の歪みは天候に限ったことではないのです。天候以外で背骨をゆがめてしまうのは普段の姿勢の悪さです。姿勢が悪いと肩甲骨が外に広がってしまい、首周りの筋肉が緊張してしまいます。この首周りの筋肉が緊張してしまうと首の背骨を歪めてしまうので血管を圧迫してしまいます。ですので姿勢が悪くなっている方は天候によって頭の痛みが出やすくなってしまうのです。

 

姿勢を良くしたいという方、背骨の歪みが原因で姿勢が悪くなっていることがあるので一度当院に相談してみてください!背骨を正しい位置に戻すことで関節にかかる圧を均等にし、天候が安定しなくても負担のかかりにくい背骨を作って痛みに負けずに季節の変わり目を乗り越えていきましょう!

 

 

 

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP