「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

みなさんこんにちは。普段みなさんは身体をしっかり温めていますか?最近は気温が下がり体温も下がってしまいます。学芸大学整骨院の利用者さんでも、身体の冷えに耐えきれず、風邪を引いてしまったり痛みを訴える方が多くいらっしゃいます。みなさんも風邪を引いたり痛みが出てきてしまう前に、しっかりケアを行なってこの寒さを乗り越えていきましょう。

今回は身体が冷えてしまった際に見られる痛みについてお話させていただきます。身体が冷えると、血液の流れが悪くなってしまいます。血液の流れが悪くなると、栄養を臓器や筋肉に届けることが出来ずバランスを崩してしまいます。筋肉がバランスを崩すと、筋肉の繊維に負担がかかりやすくなって疲れやすくなります。その疲れやすくなってる筋肉に更に負荷をかけると、それが痛みに変わって出てきてしまいます。全身の筋肉は筋膜によってつながっているため、1つの筋肉のバランスが崩れるだけで、全身のバランスを崩してしまいます。そうなってしまわないためには、普段から身体を温めて代謝を良くします。すると血液の流れは悪くなりにくくなります。結果的にバランスの取れた状態が保ちやすくなります。しっかり湯船に浸かったり、お風呂上がりや就寝前にストレッチをして、身体のバランスを整えてあげましょう。

学芸大学整骨院では、血液の流れを良くするために全身の筋肉に対してアプローチを行っています。また、「ぽかぽか茶」という血液の流れを整えて基礎代謝を上げてくれるお茶も販売しています。興味ありましたら一度いらしてくださいね。

 

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP