「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

寒さが続きますね。皆さん防寒対策は大丈夫でしょうか?この冬は体の調子が良くないという方が非常に多かったです。調子が悪くなくても回復力が悪いと感じる方も多かったみたいです。ではなぜ寒い日には体の調子は悪くなるのでしょうか?

 

原因の一つ目は体の筋肉が縮こまってしまっている事です。筋肉は熱を作り出す役割があります。筋肉自体が勝手に伸び縮みすることで熱を作り出し体温が低くなり過ぎないようにしています。冬場に寒さで顎がガチガチと震える経験というのはみなさんないでしょうか?これは自分の意志とは関係なく動きますよね。あれが筋肉の伸び縮みです。

ですが伸び縮みもし過ぎてしまうと筋肉自体が固まって縮こまった状態になります。筋肉が縮こまるとその間を通っている血管を締め付けてしまうので血流が悪くなり老廃物質が筋肉に溜まって痛みに変わります。ですから寒さがきつい冬に痛みが出やすくなるのです。

 

原因の二つ目は『酵素』です。みなさんは酵素という物質をご存知ですか?これは野菜などから摂取できる物質なのですが、筋肉の回復力を上げてくれる働きがあります。冬はこの酵素が働きづらくなるというデータが出ているのです。酵素は高温化で活性化すると言われているのですが、逆に低温化では働きが弱くなります。体が冷えやすい冬場は酵素の働きも鈍くなりやすい事から痛みが引きにくかったり、痛みが出やすかったりするのかもしれませんね。

 

痛みの対策としては、体を冷やさないことです。みなさん普段から湯船にはしっかりと浸かっていますか?湯船に全身浸かるだけでも血流が流れて回復力も上がってくれますよ。

あと大切なのはストレッチです。ストレッチは筋肉の緊張を取ってくれるだけでなく、血流も流してくれますのでお風呂上りに少しするだけでさらに効果的です。少し暖かくなってきたら運動も一緒にできると一番いいかもしれませんね^^

この冷え込む時期に体を痛めない為にも痛みのない今のうちにしっかりメンテナンスをしていきましょうね!!

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP