「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

みなさんこんにちは。まだまだ気温が安定していかないですね。寒暖差がおきる季節には特有のアレルギーが出ることもあります。今回は寒暖差アレルギーについてお話していきますね。

寒暖差アレルギーとは温度差による刺激によって鼻の粘膜の血管が広がり、むくんで鼻水やくしゃみなどの症状を引き起こすものを言います。寒いと体温を保持し、暑いと体温を発散させる自律神経が、摂氏7度を超えるような温度差に対応できなくなったものなので昔は少なかったこの症状も、今では温暖化の影響によりよく耳にするようになりました。どの様な症状かと言いますとくしゃみや鼻水などのアレルギー症状が出て、不眠、いらいらする、疲れやすいといった症状のほか、じんま疹(しん)のような皮膚症状が加わることもあります。風邪気味なのに熱はなく、目の炎症や充血もなく、無色透明の鼻水が出ることなどが特徴です。これらは主に自律神経の以上により起きるので、普段から自律神経が乱れることにないように生活習慣から見直すことが必要です。

 

当院では身体の整体、施術の他、身体のアドバイスもさせていただきます。興味がある方は是非当院までお越しくださいね。

 

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP