「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

最近登校中の小学生の姿を見ていると身長の大きさを感じることが多いです。私自身身長が小さい方なので余計に感じる部分があるのかもしれません(笑)ですが明らかに小学生とは思えない位高身長の方もたまに見かけます。そんな最近の小学生によく見られるのが成長痛になります。

 

みなさんは成長痛と聞いて何を思い浮かべるでしょうか?成長痛もいろいろ種類がありますが一番多いのが膝の症状です。運動を活発に行う男の子には特に多く、主には運動のし過ぎで膝に負担がかかることで痛みがでます。太ももの筋肉が膝下の骨を引っ張ってしまい骨が隆起してしまいます。膝の曲げ伸ばしの際に痛みがあるため、運動の継続はあまり推奨されていません。

 

ですがそれだけでなく運動をしていなくても起こることがあります。それは身体の成長に対して筋肉や骨の成長が追いついていかず、筋肉が無理やりに骨を引っ張ってしまうことで起こる場合もあります。成長痛と言われる所以がこちらのパターンなのかもしれませんね。成長スピードに体を構成する組織がついていかず自分で自分の体を痛めてしまう事もあるのです。

 

では成長痛が見られた場合はどうすればいいのでしょうか?基本は保存療法といい安静にすることが大切だと言われています。無理に運動を続けたり体を動かすと悪化してしまったり、将来的に動きの悪い体になってしまう事があるからです。運動を続けたいのであれば小学生の内にしっかり休ませておくことが重要になります。身体が出来上がってくる中学生くらいになると成長に対して体も追いついてくるようになるので比較的症状は落ち着きます。

 

そして休めると同時にメンテナンスも必要になります。特に成長痛がしんどい時期はメンテナンスとして筋肉の緊張をしっかりととっていく必要があります。

学芸大学整骨院では学生のメンテナンスもしっかりと行っております。回復力が高いうちにしっかりと施術しておくことで怪我の悪化の防止、怪我の防止に繋がります。もしお子さんの体の状態について心配なことがある場合は是非私たちに相談してください!施術、アドバイス等させていただきます^^

 

 

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP