「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

 こんにちは!気が付くと4月も半分が過ぎましたね。新生活を始められた方は今ぐらいの時期に疲れが出てきやすくなります。体調管理に気を付けながら新しい生活に慣れていきましょうね!!

 

 4月の中旬を超えると、体調を崩してしまう方が多く見られます。季節の変わり目は気温や気圧の変化が大きいため自律神経が乱れてしまう為、身体が変化についていけず体調を崩してしまいます。自律神経は大きく分けて交感神経・副交感神経の2種類に分かれます。この二つの神経のバランスが交感神経4:副交感神経6の割合が一番良い状態だと言われています。しかし、寒暖差や気圧の差が大きいと体に大きなストレスがかかってしまい自律神経が乱れてしまいます。自律神経のバランスが乱れてしまうと免疫力が下がってしまうため体調を崩しやすくなり、風邪が長引いたりしてしまうのです。また、自律神経が乱れてしまうと不安感や焦燥感が強くなり、気持ちが沈みやすくなります。気持ちが沈むだけでなく、イライラしたりすることが多くなり他者へ暴力的になることもあります。

 

 自律神経の乱れを整えるために、体を温めてあげることが大切です。体を温めてあげると血液の流れが良くなり、体温が高い状態でキープできるようになります。体温が低いと自律神経が乱れがちになるのでなるべく温めてあげてください。さらに、十分な睡眠も必要になってきます。睡眠不足も自律神経の乱れに繋がり、体調を崩す原因になるので睡眠が足りてないと感じる方はしっかりと睡眠時間を確保しましょう。季節の変わり目は体調を崩しやすいので、無理はせずにご自身のお体を労ってあげてくださいね!!

 

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP