「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

みなさんは昼食後に強い眠気に襲われ、仕事や勉強に全く集中できないといった経験はありませんでしたか?今では午後の効率を上げるために昼寝を取り入れている会社が増えていますが、ないところも勿論あります。昼食後はなぜ眠くなるのでしょうか?

人間の身体は眠くなる時間帯が2パターンあります。一つは午前2~4時でもう一つは午後1~4時と言われています。身体の構造上、昼食後に眠くなるのは当然なんですね。また食事中は血糖値が上昇し、食後時間が経つにつれ血糖値は下がっていきます。血糖値の急な変化で眠気はより増すのですが、だからと言って昼食を抜くと午後の活力にならず集中力はより一層低下します。では昼食後の眠気を良くするためにはどうしたらいいのでしょうか?

上記で挙げたように食事中は血糖値を上昇させるのですが、それを抑えることで眠気を防ぐことが出来ます。一つは『よく噛んで食べること』です。よく噛んで食べることにより胃の働きを助けてくれます。流すように食べてしまうと胃が過剰に働き胃酸が大量に分泌され、同時に眠気も強くなってしまいます。もう一つは『食べ過ぎない事』です。昼食後に眠くなってしまう原因で最も多いのが食べ過ぎにあります。これも一つ目で挙げた内容と同じで、食べ物を消化するのに時間がかかり胃が過剰に働くからです。意識することとしては『腹七分で食事を終えること』です。昼は沢山食べたくなると思いますが食べ過ぎには注意ですねよ^^

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP